バレたくないなら手術が良し!矯正器具では尚バレる!

当サイトは「失敗しないペニス手術」を中心として、失敗しない包茎手術クリニックの選び方をご紹介しています。包茎手術はクリニック選びや術法の選び方を間違えてしまうと大変!できるだけ費用を抑えながらベストな仕上がりを求める方に最適な包茎手術専門ガイドです。

バレたくないなら手術が良し!矯正器具では尚バレる!

バレにくい包茎手術とは?バレやすい矯正器具と徹底比較

site_special_01

真剣に包茎で悩んでいる人は何らかの手段を用いて包茎を治そうと試みるものです。包茎を治す手段が包茎手術であっても、矯正器具であっても、包茎を治したという事実がバレることを恐れている男性は多いです。

その為、包茎手術は傷跡が残ってバレやすいからといって矯正器具で自力で治そうと考える人もいますが、矯正器具を使っての包茎治療は時間がかかる分、気を抜いた時にバレやすくなるのが特徴です。矯正器具のメリットは費用を安く済ませることができ、副作用のリスクを考えなくてすむことです。

しかし、良くある矯正リングや矯正パンツを使って露茎のクセをつけようと思っても、包茎の状態によっては全く効果が表れない男性もいます。矯正器具の失敗例で多いのが、矯正器具をつけていることに慣れてしまい、ここぞという時に外し忘れて包茎矯正していることがバレてしまうことです。

特に温泉や性行為など人前で裸になる時には、矯正器具の外し忘れがないように注意する必要あります。一方、包茎手術を行えばほとんどの場合、日帰りで手術が可能なのでヘタな矯正器具よりもバレる心配がありません。例え手術をしたことがバレやすいとされるメスを使った包茎手術でも、上手な医師に執刀してもらえば手術の傷跡は亀頭の影で見えにくくなったり、もともとあるシワの1つとして目立たないように仕上がります。

たいていの包茎手術はこのように手術の傷跡が目立たないように仕上げられるものですが、バレやすい包茎手術とはそもそも手術自体が失敗されてしまうことが原因となることが多いです。包茎手術をした後とする前でペニスの形状が変わってしまえば、勘の良い彼女や友人にはすぐに気づかれてしまいます。

ペニスの色が部分的に変わってしまうのも、包茎手術の失敗例ではよくあります。手術後のペニスが見た目は全く変化がなくても、勃起した時に引き付けを感じたり感度が鈍くなったりすると、彼女に不信感を抱かれる原因となってしまいます。

包茎手術は腕の良い医師に行ってもらうことでバレにくくなりますが、下手な医師に執刀されてしまうと包茎手術をしたことがバレるだけでなく後遺症に繋がる危険性があるので、手術費用が安いというだけでクリニック選びをするのは避けるべきです。以下の包茎クリニックの比較表で自分に合ったクリニックを見つけましょう。

今オススメの包茎手術クリニック

包茎クリニック site_item_01
ABCクリニック
site_item_02
上野クリニック
site_item_04
東京ノーストクリニック
site_item_03
東京メンズサポートクリニック
site_item_05
皐月形成クリニック
カウンセリング 無料 無料 無料 無料 無料
クリニック 全国14院 全国14院 全国31院 東京新宿院 全国5院
実施術式 クランプ法
亀頭直下法
複合曲線作図法 環状切開術
切らない手術
亀頭直下法
根部切除法
亀頭直下法
切らない手術
手術費用目安 5万円〜15万円 7.2万円〜15万円 7万円〜14万円 10万円〜 4.9万円〜
学割 あり なし あり なし なし
キャンペーン 包茎手術3万円〜
全治療が30%OFF
なし 全治療が50%OFF 包茎治療5万円〜 なし
支払い方法 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン 現金・クレカ・ローン
おすすめ度