ペニス手術の費用まとめ|手術代とオプション情報

当サイトは「失敗しないペニス手術」を中心として、失敗しない包茎手術クリニックの選び方をご紹介しています。包茎手術はクリニック選びや術法の選び方を間違えてしまうと大変!できるだけ費用を抑えながらベストな仕上がりを求める方に最適な包茎手術専門ガイドです。

ペニス手術の費用まとめ|手術代とオプション情報

包茎手術の相場はいくら?費用面で後悔しない為に相場を知っておく

site_single_07

日本全国にはたくさんの包茎手術専門のクリニックが存在し、包茎を治す為の手術方法は多岐にわたります。それと同時に包茎の種類も多種多様で、包茎に悩む人が10人いたら、10通りの包茎の種類があるということになります。多くの男性を悩ます包茎ですが、病院によって手術方法も値段も様々です。

包茎手術を受けようか悩んでいる男性陣なら、まずは包茎手術の相場を知ることで確かなクリニック選びができるようになります。まず、包茎手術には大きく分けてメスを使う手術とメスを使わない手術があります。メスが使われる包茎手術にかかる一般的な費用相場は7万円前後です。

費用設定が高めのクリニックでは10万円前後する場合もあります。メスを使う手術で最も有名なのが環状切開術という治療法で、ナイロン糸を使うか吸収糸を使うかで値段が2~3万円異なることが多いです。もちろん、抜糸の必要がなくなる吸収糸の方が割高になる傾向にあります。

続いて、メスを使わない包茎手術の相場では手術内容によって値幅が大きくことなり、最低3万円〜10万円前後かかります。メスを使わない手術方法では、包茎の原因となっている余分な包皮を根元に集めて固定する方法が一般的です。

固定方法としては、器具を使ったり、医療用接着剤を使ったりして人工的なシワをつけて亀頭を常に出している状態にして包茎を治していきます。これらの手術方法は比較的値段が安めで3万円前後です。この他のメスを使わない手術方法として、縫合して包茎を治す治療法があります。こちらの治療は値段が跳ね上がり12万円前後となっていることが多いです。

クリニックによっては同じ手術方法でも値段にバラツキがあるので、治療費で迷った時は技術力でクリニックを選ぶようにしましょう。また、包茎専門クリニック以外でも病院の泌尿器科などで包茎手術を行うことができますが、一般的に泌尿器科で行った方が費用は高くなりがちです。

包茎手術専門のクリニックの中には、ただ包茎を治すだけではなく術後の仕上がりにも力を入れているようなクリニックも存在します。クリニックを選ぶ時、費用面で選ぶのも良いですが、医師の技術力を選択肢の1つに入れておくことで手術失敗のリスクを軽減することができます。

ペニス手術の優れたオプションとは?治療費はいくら?

site_single_08

包茎手術にはたくさんのオプション治療が存在し、クリニックで初めてその存在を知った男性が包茎手術とセットで治療を受けるケースが多いです。包茎手術のオプションとして有名なのが、亀頭周辺のブツブツを除去する手術で1万円からといった安価な値段設定の為に、包茎手術とセットで治療する人が多いです。

さらに、亀頭を大きくする為の手術や陰茎を増大させるオプション治療も世間一般に浸透してきています。亀頭増大や陰茎増大の為にヒアルロン酸注入を行う治療は最低価格が4万円位からと覚えておきましょう。注入する量や質によって値段が高くなります。類似の目的では長茎手術というものがあり、その名の通りペニスを長くする為の手術方法です。糸で固定する方法と切開方法があり、糸固定の相場はだいたい15万円前後、切開方法の相場は30万円前後とみておきましょう。

その他にも様々なオプション治療があり、早漏治療7万円前後~、ED治療3千円前後~、パイプカットやAGA治療など元々の悩みとかけはなれたオプションを紹介してくる医院も存在します。包茎手術を受ける際のオプション治療は、良く考えれば必要のないものが多いです。包茎治療に自分がいくら支払えるかを最初に決めておき、予算の範囲内でオプション治療の検討をしていきましょう。