ペニスの手術痕は消えない?

当サイトは「失敗しないペニス手術」を中心として、失敗しない包茎手術クリニックの選び方をご紹介しています。包茎手術はクリニック選びや術法の選び方を間違えてしまうと大変!できるだけ費用を抑えながらベストな仕上がりを求める方に最適な包茎手術専門ガイドです。

ペニスの手術痕は消えない?

執刀医の腕次第で変わってくる手術痕のリスク

site_single_05

包茎手術というのは各クリニックごとに独自の方法を取っていることもあり、ペニスの皮を剥くという目的を達成するための手段は数多く存在しています。しかしそこで問題になってくるのが、その方法や執刀医の腕によって異なってくる術後の仕上がりです。

包茎手術は保険適応外ですので全額自己負担となりますから、安く済ませようと3万円程度から受けられるものもあれば、最先端技術を利用した50万円程度のものまで費用もさまざまで、そして担当する執刀医のレベルもかなりの差があります。一概に言い切ることはできませんが、比較すると費用が安くて手軽な手術であるほど手術痕が消えなくなってしまう失敗を背負うリスクが高く、最先端技術を利用した高額手術ほど綺麗に消える可能性が高くなる傾向にあります。

残ってしまう傷痕で代表的なのが、切った痕がペニスにくっきり浮き出て目立ってしまうものと、メスを入れた箇所を境にペニスがツートンカラーに分かれれてしまうというものです。不安がある場合には、手術を受ける前の診察やカウンセリングの際に、費用に捉われることなく仕上がり品質を重視したい旨を担当医に伝えることが大切になります。

傷痕が残りにくい質のいい施術を受けられれば、数ヶ月から1年程度で自然治癒していき、よほど間近で見なければわからない程度に目立たなくすることが可能です。

傷痕を残りにくくするために気をつけたいポイント

site_single_06

まず、包茎手術の際にメスで切った箇所は、糸を使って傷口を縫合することになります。切開方法が悪かったり縫合が荒い、また術後のケアを怠ってしまった場合には抜糸をした痕も縫合痕が目立ちやすくなってしまいます。切開方法に関しては真っ直ぐにスパッと切られた傷ほど治りが早いというのは怪我などと同様です。

腕のいい医師に綺麗に切ってもらうことができれば傷も残りにくくなります。ただしレーザーメスを使用した手術の場合には要注意で、出血量こそ少なくなる手術方法ですが、変わりにペニスが火傷を負った状態になりますので術後に変色が目立ちやすくなります。

今はほとんど利用されていないメスですので、採用しているクリニックには注意が必要です。縫合に関しては傷口がズレにくくしっかりとくっつくように、細い糸を使って細かく縫っていくということが大切になります。術後に安静をしていてもペニスが擦れたり動いてしまうことがあれば負担はかかりますので、その付加が最小限に済むようにしっかりと切った部分を固定しておく必要があり、傷口が開いてしまわないようにするためにも縫合の仕方は重要です。

次に、ペニスは通常部位によって肌の色が変わり、先端に向かって濃くなるグラデーション状になっていますが、包茎手術を受けることによって色の境目がはっきりと分かれるツートンカラーになることがあります。切り取る皮の量が多くなってしまうかた、元々の色の差が大きいかたが手術によって残りやすい痕です。これに関しては執刀医の腕に関係するものではなく、その人の元のペニスの状態に左右されます。特に勃起時には皮が伸ばされてしまいますので、ツートーンカラーが特に目立つようになります。

防止するためには、カリ部分の真下を切る亀頭直下環状切開法を採用しているクリニックを選ぶようにしてください。生じてしまう色の差を目立たなくさせることができますので、カウンセリング時にペニスの状態に適した手術を受けられるように相談することをおすすめします。

こういった手術痕に対して、切開痕が残った皮膚を移動させて再度縫合をしたり、痕を隠して綺麗に治すための修復手術というものも存在しています。本来であれば1度の手術包茎を解消し傷口も綺麗に治ることが理想的ですが、仕上がりに納得できない場合には検討してみてください。