包茎矯正にはペニス手術以外にどんな方法がある?

当サイトは「失敗しないペニス手術」を中心として、失敗しない包茎手術クリニックの選び方をご紹介しています。包茎手術はクリニック選びや術法の選び方を間違えてしまうと大変!できるだけ費用を抑えながらベストな仕上がりを求める方に最適な包茎手術専門ガイドです。

包茎矯正にはペニス手術以外にどんな方法がある?

誰でも手軽で簡単!手術をしない包茎矯正、日本で最も有名な方法とは?

site_single_03

包茎に悩む人の頼れる味方として包茎専門のクリニックが存在しますが、ペニスにメスを入れて物理的に包茎を治す方法に抵抗を感じている人も多いです。最先端の包茎手術の方法では、余分な包皮の部分に人工的なシワをつけて一切メスを使わない包茎手術がリーズナブルな費用で受けることが出来るので注目を集めています。

一方で、手術自体をせずに包茎を治す包茎矯正も根強い人気を集めています。そもそも包茎矯正とは、専用の器具を用いて日常的に亀頭が出るように固定して、露茎になるように癖をつけるというものです。一般的な包茎矯正の器具として有名なのがリングタイプで、日本人男性の間ではもっとも良く使用されているタイプと言われています。

リングタイプの包茎矯正は包茎の原因となっている包皮を亀頭が出るように根元部分によせて、包皮が戻らないようリングで固定するように使います。リングにはゴム製やシリコン製、ベルト状のものなど多様な種類があるので、触感や形状などは自分好みのものを選ぶようにするのがポイントです。

続いて包茎矯正として知名度を持つのが、包茎矯正パンツです。見た目はブリーフパンツやトランクスパンツと変わりありませんが、パンツに付属されているリングにペニスを通すと亀頭が露出され、パンツの麻布によって亀頭が刺激を受けて露茎に近づくというものです。意外と歴史は長く、これまでに改良製品がいくつも発売されています。そして、知名度としては今一つですが根強い人気がある接着タイプの包茎矯正があります。

接着タイプの包茎矯正はリングタイプやパンツタイプの矯正器具と同じように余分な包皮を根元によせて、専用の接着材で固めてしまうという方法です。毎日、接着剤で余分な包皮を固定することで、露茎が維持されやすくなります。これらの包茎矯正を試すのと同時に包茎トレーニングを行うことで、包茎が治りやすくなります。

包茎矯正について覚えておきたいのが、リングタイプもパンツタイプも接着剤タイプも亀頭を出したまま自然に固定されるのを待つのが目的ということです。つまり包茎矯正器具というのは、包皮が薄い仮性包茎の人に効果が出やすく、極めて軽度な包茎の場合に効果が表れやすいと言えるでしょう。自分で簡単に包茎を治したいと思うかもしれませんが、自己判断は事故の元となるので専門医に相談してから包茎矯正器具を使うのが良いでしょう。

包茎矯正のまとめ

  • 包茎矯正用リング
  • 包茎矯正用下着
  • 接着剤タイプの包茎矯正
  • 包茎トレーニングによる包茎矯正

包茎矯正の効果は如何ほど?包茎手術に比べてデメリットは?

site_single_04

包茎矯正には様々な方法があることがわかりましたが、実は医学的根拠のない物も多いのが現実です。ペニスにメスを入れる包茎手術と比較すれば、副作用や失敗のリスクを減らして安く包茎を治すことができることになりますが、注意しなければならないことがたくさんあるのです。

包茎矯正グッズは、市販で安価に手に入れることが出来る分、自己判断で行う為、失敗しやすいのが特徴です。実は、包茎矯正が失敗に終わるだけならまだ良い方で、包茎矯正を行ったことを後悔する人も存在します。その原因として、以前より皮が伸びてしまった、何年も続けて費用がかさんだ、ペニスに傷がついて病院に行く羽目になったなどの失敗談などがあります。

包茎矯正グッズは入手しやすく気軽に始めることが出来ますが、自己流で行う分、大切なペニスを傷つけてしまわないように最大限注意して行いましょう。自己判断で行われた包茎矯正でペニスを傷つけて病院を受診する人は少なくありません。病院で包茎矯正の治療相談をすることもできるので、一度無料のカウンセリングを受診してみるのがおススメです。