ペニス手術のリスク・失敗事例にはこんなものが

当サイトは「失敗しないペニス手術」を中心として、失敗しない包茎手術クリニックの選び方をご紹介しています。包茎手術はクリニック選びや術法の選び方を間違えてしまうと大変!できるだけ費用を抑えながらベストな仕上がりを求める方に最適な包茎手術専門ガイドです。

ペニス手術のリスク・失敗事例にはこんなものが

知識を深めてリスクオフする!知っておきたい包茎手術のリスクとは?

site_single_01

現代において包茎手術は一般的に行われる医療行為で、包茎手術を受けたことで人生が豊かになったという男性は数多く存在します。気軽で安価に包茎手術を受けることが出来るようになった為、包茎手術に興味を持つ男性が少なくありませんが、包茎手術にはリスクがあることを知っておかなければなりません。

包茎手術にはメスを使う方法とメスを使わない方法があります。今のところ、メスを使う包茎手術の方が圧倒的に幅広く行われていますが、メスを使うからこそ包茎手術のリスクが高まることになります。例えば、メスを使う包茎手術では傷跡が残りやすいというリスクがあります。いかにも包茎手術を受けたかのような傷跡が残ってしまっては、銭湯や温泉、性行為など人前でペニスをさらす時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

さらに包茎手術の危険なリスクには、傷跡以上の見た目の変化が挙げられます。勃起した状態のペニスは見た目の変化に敏感で、包茎手術をしたことがバレやすくなります。ペニスの形状の変化は再手術によってある程度元に戻すことが可能となりますが、完全にもとに戻すことは不可能なので注意しましょう。

他にもペニス増大外科手術などは、ペニスを根元から掘り出す為に性行為の時にグラグラしやすくなるというリスクがあります。最も注意すべきリスクは、機能面に影響することです。手術の失敗によって性感帯などが傷つけられてしまうと、勃起不全や射精不全、感度の低下を招き、取り返しがつかない事態に陥ってしまいます。大切な神経が傷つけられてしまうと、再手術を行っても元に戻る可能性が極めて低く将来に大きな影を残す原因となってしまいます。

このような最悪の手術リスクを減らす為にも、手術を受ける前に知識を蓄え、実績のある医者に手術をしてもらうことが必要です。最近ではメスを使わずに包茎を直せる手術も登場してきています。メスを使う手術よりも費用面で安く済ませることができ、痛みが少ないので術後の回復もスピーディというメリットがります。

さらに、術後の仕上がりが気に入らなくても、メスを使った手術よりも元の状態に戻しやすいという特徴があります。いずれにしても包茎手術にはまだまだリスクが潜んでいます。包茎手術を行ってから後悔をしても遅いので、リスクについてしっかり知識を蓄えておく必要があります。

クリニック選びは要注意!包茎手術の失敗事例は意外とたくさん!?

site_single_02

一般的に包茎手術は安全性が高く日常的に行われる手術です。その為、経験豊富な腕の立つ医師によって包茎手術が行われるのならば、満足のいく結果が得られやすいといえます。

しかし、全国にたくさんあるクリニックの中から優良なクリニックを選ぶのは難しく、安易にクリニックを選んでしまったが為に手術後に後悔している人がたくさんいます。以下は包茎手術の中でも良くある失敗事例です。

包茎手術におけるよくある失敗事例

  • 勃起した時にひきつったような痛みがある
  • 性行為中に手術前に感じなかった違和感を感じる
  • 勃起時の角度が変わった
  • 勃起時の形が気に入らない
  • ペニスの一部の色が明らかに変わってしまった
  • 縫い目のような目立つ傷跡が残ってしまった

このような包茎手術の失敗を自分が体験しない為にも、クリニック選びには十分気を付けなければなりません。経験の浅い医師や、実績の少ない医師による包茎手術は、いくら最先端の治療を行っていようと、安価な費用で手術ができようと、自分の身を守る為に避けなければなりません。

包茎手術が得意なクリニックを選ぶ方法としては、無料で包茎治療に関するカウンセリングを提供しているクリニックを選び、実際に複数のクリニックで相談をした上で、比較しながら優れたクリニックを見つけるのがベストです。無料カウンセリングの時に、医師の対応や費用面、実績などを見極めて優良なクリニックを選ぶようにしましょう。